FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 2012年05月17日

2012.05.17 Thu その家

昨年の秋

80の父が、ついにシーツの染みになってしまった

台所の薬缶には、母が

風呂場の水桶には、夫が

それぞれにらめっこでもするようにたゆたい

子供達は、いつしか

塵になって空気中に充満している

この家


凍えるほどの静寂と

噎せるような湿気に魘されて

庭の犬は燃えさかる太陽の夢を見る

雑草一つない土の上を

狂ったように駆け回る

芝刈り機だけが、今音を立てている

この家


窓を開けるなり熱気が雪崩れ込む

押し寄せる夏の気配を知らせる

ありとあらゆる排水溝と

隙間という隙間から漏れ出る

腐臭と悲鳴

最新型の14インチ画面では

砂嵐が、そっと死のダンスを踊る

この家


スポンサーサイト