FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 2013年04月

2013.04.12 Fri no title

少しだけ

ぬるくなった缶ビールを連れて

死んだ商店街を駆け抜ける


遠ざかる光に

連れて行かれたのだ

父親は


空っぽの棺を

馬鹿みたいに奉ってる

あの坊さんめがけて

スニーカーを蹴る


部屋の壁に貼ってある

昔、ギリシャで取った写真

あんなかんじのビーチで

今頃は寝そべっているだろう

スポンサーサイト
QLOOKアクセス解析