FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 2013年05月

2013.05.30 Thu no title

優しさに甘えるだけの夜ばかり

いくつも過ぎていく


「本当は誰よりも自分が嫌い」

言うだけで和らぐ痛みしかないのに

いつまで飢えた顔をしているつもり


張り付いた薄ら笑いを

押し流すためだけに流す涙

それさえぶっ飛ばすような

強風が吹けば


遠ざかる背中や溜息を

引き留めるためだけに留まる週末

それさえぶち壊すような

圧倒的な光に照らされれば