FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 2014年10月

2014.10.21 Tue no title

誰かに何かを言うための口だったならば

こんなしょうもない使い方はしなかった


先延ばししつづけた未来に

いつしか時効が来て

打ち切られるなら それでよかった


失うことでしか

確かめられないものの価値なら

それまでの価値だった


スポンサーサイト