眠るための夜ではない

Home > 2015年01月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.01.26 Mon no title

あらゆる声と歌は同じである
同じであるからして
歌は今やありふれている

母親の亡骸に縋り付く
子どもにも似た切望で
私だけの誰かを捜す

痛いのか悲しいのかも
なんだかよくわからない
絶望だけがいま
一定の穏やかさを保っている

スポンサーサイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。