FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.04.20 Sun no title

微睡みがあなたを包み込み

雨粒がシーツを濡らす

また、窓を閉めるのを忘れたんでしょう

目覚まし時計が壊れている


窓の下に見えるあの道路では

今日も同じタクシーがバレリーナのようにスピンするばかり


夕暮れが辺りを染め上げ

わたしはオフィス街のあなたを思う

夕飯の匂いの漂う帰り道

つかみどころのない毎日

それでも幸せという


思いつくかぎりの優しい名前をあげる

思い出も約束も 全て置いていってあげる

思いつくかぎりの優しい名前をあげる

おはようもおやすみも

あなたのためだけに言ってあげる

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可