FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.05.15 Thu no title

オレンジに染め上げられた壁が

なんだか笑っているみたい


天井から滴るぬかるみ

登りながら溺れていく

あの水面へ向かって


滑り落ちる酸素に攫われて

どこまでも遠ざけられていく

あたたかな光に連れられて

私はブラックホールの重力を持つ


磨りガラス越し

悲鳴はもはや、囁きのよう


残された指先だけが

なめくじのように這って行くの

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可