FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.05.27 Tue no title

最初にいたひとたちは

もうほとんどいなくなってしまったみたいだ

嫌味なく笑うだけが芸の

凡人風情


死の床にまで"平等"を持ち込んだ君の

これこそ望んだことではなかったか


冷たい身体を揺さぶる

ただ参列者のためだけに

冷たい身体が揺さぶる

ただ身に纏った結露を振り払うためだけに

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可