FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.05.27 Tue no title

僕がこんなことをするのは、優しい人になるためであると

みんな勘違いしている


理由がなければ恐ろしい目には遭わないという

つじつま合わせの理論

だが、痛みは無差別に僕らを貪る


ひとりになって初めて

自分が本当は君たちをどれほど愛しているのか分かった

あがき続けるにも、やはり望みは必要だ

それでこんなでっちあげを言うようになった

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可