FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.05.27 Tue no title

あらゆる過ちを一瞬でなかったことにする

都合のいい記憶だけが私の武器

隔たれた思い出の縫い目にそって

指先でそっとたどる


囁きが雨に変わる

鞄に傘が入っているけれど、君はささないことを選ぶ

少しだけロマンチックな夜のために


灰色の空を照り返して

灰色の窓の並ぶ街並みを

少しだけ美しいと思った

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可