FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 先生

2014.06.02 Mon 先生

悲しい歌をうたうことにさえ

権利がいると思っていた


誰も連れていってくれない

被害者めいた加害者

誰も教えてくれない


ひとりなんかじゃないよ

気の持ちようだって

なるようにしかならないって

あの人も言ったじゃない

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可