FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.06.02 Mon no title

ずうっとずうっと閉じ込めていた

色は零れ出す

淫靡な優しさに導かれて

私を裏切る


優しそうな顔が

優しかったためしがないと

明滅するスクリーンは言い聞かせる

電子の文字が躍る


もう何もきこえないよ

誰に言うでもなくつぶやく

ここから先は分かりきっている

本当に そうなってしまったほうがマシ

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可