FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2014.06.02 Mon no title

枯れるほど泣いたとしたって

この絵画は額縁をはみ出さない

限りなく滲みつづける境界線の上で

もがいているだけ


森を越えてやってくるものは

私を脅かすか、そうでなければ誘惑するでしょう

良いことなんてきっとない

そう言い聞かせでもしなければ

前よりももっともっと 痛い目に遭うだけ


白い傘をさした、白いドレスのひと

貴婦人は優しく笑う

そのふくよかな頬の匂いを

おだやかな唇の音を

知るためだけに生まれた

額縁の内側で

それがせいぜいの幸せ

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可