FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 九月の昼寝

2014.09.09 Tue 九月の昼寝

誰にいうでもなく

そぞろに秋めいた呟きは

鈍く押しつぶされていく


どこへ行ったのだろう

懐かしい人は

先のない旅路を夢見る

朝になればもう着く頃


夕方の風に揺られて

洗濯物が私の期待をあざ笑う

錆びかけた窓枠を握る

欲しかったただ一言だけが、もらえなかった

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可