FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 団地

2014.09.09 Tue 団地

血の滲むような努力で空を飛んだならば

鳥たちは私をあざ笑うだろう


悲しいことはそう長くは続かない

優しい声でその人は言う

それもまた、本当のことなのだろう

雨が意地っ張りを笑う


昨日の今頃私を救ってくれた恋を

今はもう思い出しもしない

病の靄の向こうに

渋谷の明かりが揺れている


立ち止まり、水溜りに沈んでいく

このコンビニへの道中

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可