FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > HOME

2014.09.09 Tue HOME

かじかんだ指先で触れる

その夜は震えている


思い出せば、聞くに耐えないような

恥ずかしいことも言ったね

こころの拠り所はいつも

頼りない灯台の明かりのごとく


揺れている全ての木々は

まどろむ猛獣さえ目覚めさせぬ優しさで

閉じかけた縫い目に触れている

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可