FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2015.12.11 Fri

自分で自分を慰めながらでしか
もうどこへも行けない
加速する傾斜にのせられて
時間のゆっくり進む方へ、押しやられていく

どうして言わなかったのだろう
どうして聞かなかったのだろう
抜け殻みたいな理由ばかりが
埃っぽい床のあちこちに転がっている
羽ばたいた蝶々はさて
どこへ飛んでいったでしょう

高く舞い上がれば舞い上がるほど
鈍い音が するよ

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可