FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2015.12.11 Fri

生まれつきの弱気がたたって母は
もうこんなところには住めないって
出て行く
あの一つしかない扉を

50年の歳月をかけてゆっくりと育まれた
愚かさが父の唇に救っている
だから彼は怒鳴る
だから彼は黙る
だから彼は怒鳴る

ばらばらに解けた筏
もう人一人も乗れないよ
浮かんでいるのが不思議なくらい
けどおかしなこと
沈みもしないのだね

目に見えない糸で繋がれている
わけではないけれど
厳然とした事実
同じ血は、この身体を巡っているみたいだ

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可