FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.04.22 Fri

半開きのその窓が
開きかけているのか
閉じかけているのか
私達は昼夜議論を巡らす
吹き込むそよ風のことなど気にもとめずに

カビかけた敷き布団をひとり干す
平日のこの時間帯
ベランダから見える小さな公園には
生産する社会からつまはじきにされた
よじれた背中がよりどりみどり

冷静な頭と指先で選んだ
荒々しいメールの文言は
電波を遮断したこの部屋に独りでに木霊する
ここまで聞こえてくる弱々しい世間話が
寝室でさえ私をひとりにしてはくれない

フローリングを転がるボールが
進んでいるのか
下がっているのか
私達は語るのに必死になっている
その行く先など気にもとめずに

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析