FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.06.08 Wed

僕だけの夜を探している
ひしゃげた水たまりに
ただれた街の明かりに
よどんだ老婆の吐息に
借り物の住まいのように

僕だけの夜を探している
絶対零度の孤独
強靱な膜に覆われて
閉じ込められているのか
守られているのか
それすら分からなくなるまで

かつては誰にでも
自分だけの暗闇があった
余すところなく包み込んで
上も下もなくなるまで
僕もあなたもなくなるまで
「ひとり」だけが在った

僕だけの夜を探している
本当は分かっている
嗄れた声が耳の裏で囁く
春に暴かれた柔な心だけが
逃げ惑い、焦がれて
朝の予兆に怯える
すぐそこに迫った
「ふたり」の可能性に
縮みあがり
慄く
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析