FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.08.02 Tue

恋人は眠ったままだ
まろやかな放物線を描くまぶた
どん欲を絵に描いたような唇
太陽を身にまとった黒髪
迸る生きることの歓び
その中に横たわる一抹の死


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析