FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.08.06 Sat

昨晩あそこら辺に浮かんでいた花火を指差す
僕ををせせら笑うように
上空を通り過ぎる風だけが見える

感傷は料理ではないから
材料をそろえればいいわけではない
分量と時間を計ればいいわけではない
そもそもどうだっていいと誰かが言う
最近は僕もそう思い始めている

歩みを止めてもう一度上を見上げる
何も浮かんでいない
ただそこにある空が見える

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析