FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.12.12 Mon

物言わぬ人ならば
味方であろうと思った
私の楽観

わけはない
泣いて叫んで叫んで泣いて
一生が過ぎてしまった
過ぎてしまったのか?

まだ湿り気を帯びた砂浜の
取り残された貝殻を
てのひらに見立てて遊んだ



スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析