FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2016.12.12 Mon

わかっていた本当は
置いて行かれたのではない
望んで歩みを止めたのだ
私が

素朴な疑問の答えが
素朴であるとは限らない
わかっていた本当は
忘れられたのではない
沈んでいくことを選んだのだ
私は

只ここにある
という方法で今
生きていくほかない

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
QLOOKアクセス解析