FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

閉じた瞼にうつる
夜の温度をおもう
皮膚の上の結露
滑り落ちていく光

めくった先のページに
物語の続きがなくとも
扉を開けた向こう側に
流れる音楽がなくとも

本当に満ちているものには
見ることも触れることもできない
当たり前の事実が
当たり前に学べるとは限らない

背いた頬に触れる
指先に朝が降り積もる

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可