FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

照らし出す誰かがいなければ
生きている甲斐がない
そういう偽物の太陽も
さほど責める気にはならない

優しい言葉を欲して
誰よりも間違った扉を叩く
氷のように冷たい床に投げ出された
自暴自棄の手首を慈しむ
でもあなたには届かない

おやすみとさようならの繰り返しが
こな人生を模っていくなら
その先で出会えるはずの人も
今はただ植木鉢の中の種
でもあなたには届かない

薄く膜を張った
ベランダの金魚鉢を見下ろす
気づけば始まっていた冬が
気づけばもう後ずさろうとしている

しもやけの指先をポケットに突っ込む
今なら誰よりも優しい歌が歌える
あなたには届かないのに
あなたには届かないから

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可