FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

濡れた毛先に触れる
夜の空気が揺れてる

頼りなげな街灯の明かりが導く
駅へと続く裏路地を進む

"不在"という目印
触れたことさえない指先がいとおしい

昨日の今日でさようなら
胸の奥の氷も
瞳の中の灯火も
来年の今頃にはきっと忘れてる
乾いた画面に言い聞かせる

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可