FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

おやすみの向こう側で会える
そう言い聞かせて夜を呼び寄せる
一晩だけの天使

薄く開いたまぶたの隙間から
真新しい冬が吹き付ける
目尻に引っかかった粉雪が
音もなく萎んでいく

毛先一つでさえ私のものにはならない

終わりの始まりにしがみついた
柔な思い込みを指先で弾く
さようならを言うのが上手くなったね
誰に言うでもなく褒めてあげる
せいぜいのご褒美に

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可