FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

喜ばせるのも悲しませるのもそう難しい人間じゃなかったはず
あなたにとってみたら

ありがちな理由しかないし
ありがちな理由しかなかった

どの分岐点を辿ったって
こうなるのは目に見えていた

貧弱な子供の脚のような
やせ細った枝先を折り曲げる
柔らかくて悲しい音がする
目を開いても何も見えない
そうやって今はただ
もう一晩を生き延びる
それだけ

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可