FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

夜にすら忘れられた
悲しい体がここにある

石のように冷たいつま先は
布団の中で触れ合う

四方を壁に囲まれているからここなら安心
言い聞かせるみたいにあなたが言ったので
言い聞かせるように私も頷いた

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可