FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.19 Wed

生垣に死体が咲いている
若者の青々とした死体が咲いている
その冷たい掌を握って
誰かを待つ間
私もそれほど変わりはない

夕暮れに置いていかれて
見失った電車がある
いつまでも響く車輪の歯ぎしりを
ここでただ一人聞いている

夜が明けて雨が降ると
いくつかの窓の向こうで朝食が並べられている
そのどれも私のためではないと
知り続けている

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可