FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.20 Thu

つかの間の夢のように
遠ざかっていく冬の中に
何もかも置いてきた
悦びも強がりも

しんと冷えた窓枠だけで
繋がっているような記憶
降り積もる雪は薄汚れても
革靴の底でまた 煌めく

例えようもなく生々しいものは
例える必要もないのだ きっと
言葉の要らない草原
そこで歌える歌もあるだろうと

漂う唇の名残
舌のもつれさえ愛おしい
かけらも失いはしない
剥がれて尚そう言える

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可