FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.20 Thu

真新しい瞼に宿る
真新しい魂
幻想だとわかっている
わかっているから大切にできる

他のやり方などありえたでしょうか
恨みがましい祈りもまた
冬の快晴に吸い込まれていく

追い焚きの足らないぬるま湯に溺れて
早まる秒針を見送る
留まっていたい
そんな純朴な願いもまた
今だけは許される気がする

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可