FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2018.12.20 Thu

何か気でも狂ってしまったように
この花の咲いた姿は美しい

刹那に勝る永遠がある
あの節くれだった手を借りてそのことを知った

事実に勝る真実がある
あの目の覚める様な水面でそのことが分かった

振りほどいて
撒き散らした言葉を拾う
やわらかく
痕になった場所を 撫でる

死の向こうでさえあなたはひかりだった

スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可