FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 待ちぼうけ

2011.01.14 Fri 待ちぼうけ

記憶を埋め尽くす 顔 顔 顔

痛い程乱した心とシーツで

切りそろえた爪の先をぎざぎざにする


一瞬たりとも油断してはならない

遠巻きに聞こえる喧噪も

読み上げてるニュースキャスターも

分かるはずのない外国の言葉でさえ

同じ人の同じ声のように響く


押し返す腕に込めた力は弱くて

本当のことをいえば 行かせて欲しくない

忍び寄った朝日が照らして

覆い隠した掛け布団を取り払う

暗闇でないところでは 見つめて欲しくない

そうやって藻掻いていると

あなたは呆気なく部屋を出て行く


報われなかった御馳走とワンピースで

一人分の食器を洗う 荒れた指先

気づかぬ間に爪が伸びてる

溜めた生ゴミが匂ってる

ドアのベルは鳴らない


明日は朝が早いし

やらなきゃいけないことも沢山あるから

このくらいにしておこう

もうしばらくしたら せめて一週間ぐらい経ったら

忘れ物したふりして訪ねよう

言い聞かせて目を瞑る

冷たいベッドに潜り込む

(暗転)


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可