FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > アイドル

2011.01.14 Fri アイドル

見た名以上に賢くて 割り切ってる君の

平等な無関心が好きだ


アイドルなんてみんなあばずれよ

サークルの女友達はそう言うけれど

僕に言わせれば女なんてみんなそう


だから悲しいときは君の曲を聴く

手軽な食事と安っぽいアパートで

造られたイノセンスを眺めている

シャンプーの香りとか 肉の柔らかさとか

そういうものの伝わらない液晶越しに


去年の今頃に別れた元カノの捨て台詞は

ありふれた 「男なんて馬鹿ばっか」

俯いて「君だって」と返した僕

狼狽が諦めに変わるのを見ていた


だから僕は

年若い君の わざとらしい健気さが好きだ

頬が触れるほど顔を寄せても

決してゼロにならない 完成された距離が大切だ


血の通った男と女なら誰でも

傷ついたこと 傷つけたことのある人

それぞれの思い出を癒すのに必至なままで

散り散りになっていく


だから僕は ざらついた雨の日にも

例えば君が歌うことを止めたときには

誰が君に歌ってやるんだろうとか

心配したりしない

そのとき君がしてやる膝枕の

暖かさとか 柔らかさとか

考えたりしないんだ


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可