FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.01.16 Sun no title

心臓が収縮する

稲妻が背骨を走り

喉が砂漠のように渇く

とにもかくにも 瞼が重くて

そっと添えた指先さえ 汗ばんでいた

庇うように丸くなった体に

震源地が近づく


触れた指先で

爆発した


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可