FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.01.17 Mon no title

泣きはらして眠った夜は

必ずあなたの夢を見る


どこまでも下る階段を

あなたを追いかけて歩いてる


辿り着いた小部屋で

引き留めて


振り向いた貴方にはいつも 顔がない


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可