FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.01.19 Wed no title

繰り返し見る夢には

繰り返し同じ人の面影


ざらついた喉で目覚めて

窓越しに見上げる 薄暗い冬の朝


凍るように眩しい太陽を

そっと遠ざけるような

夜の間に立ち上った哀しみを

一面に敷き詰めたような


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可