FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.02.01 Tue no title

薄情に突き放した指先も

閉ざされた扉に投げた言葉も

冷たいフローリングに転がったまま


美しい思い出で生きていくためなら

少しぐらいの補正や嘘も 厭わない

それでも 意味のある日々だったと思うためなら

一人だけ悪者になっても構わない


歓迎されない訪問も

フォローのない空白も

思い出の中では 少しだけ寂しい横顔

降り注ぐ雨に削られて


それでも 諦めきれない最後の言葉で

せめてもの情けを待っていた


少しだけ遅すぎた「ごめんね」

西の空を舞った後 落ちていく


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可