FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.02.03 Thu no title

「悲しい」と口にして尚

打ちのめされるのが怖かった


私が恐ろしいということは

どこまでも 私の問題でしかなくて

だからあなたには関係ないのだった

あなたがもう私に恋していないということは


天罰なんてあってもなくても どうでもよくて

だからさっきからカルマについて語ってるあのこの声も

右から左へ素通りするばかりで


それでも尚

あなたに傷を負わせて喜んでいる私が

私ひとりが

みにくい生き物だった


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可