FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.02.04 Fri no title

あなたが魂をかけて護ろうとしたものに

触れたい一心だった


まるで私には見えないものが

見えているかのように


俯いて涙するために生まれた人などいないと

教えてほしかった


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可