FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2011.02.20 Sun no title

もう長いこと口ずさんでいない

あの懐かしい歌も

きっと流れている

世界のどこかでは


一面に広がる夜空の

墨を流したような黒に

名前を付けるなら

そこに輝いている星々の

一つ一つの輝きに

思い出を充てるなら


今はもう思い出しもしない

写真の横顔も

萎びていくときは

きっとひとり


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可