FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 >

2012.02.04 Sat

木漏れ日の音がする

腐りかけた水のような幸せに溺れて

ふいに時間の感覚を失う


太陽のスピードで坂道を駆け下りながら

あの花は今日も私に笑いかけているねって

助手席のあなたは骸骨のように痩せて

だから私、誰にも、何も、約束しない


春が来るね

嘘のように綺麗な月日も

もう全て、忘れていくね


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可