FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2012.10.13 Sat no title

ねえ、いつもそうやって

皮肉めいた笑いを浮かべているのは

そうしていないと零れそうな涙を

押し殺すための自衛策なの


あなたによく似た人も知っていたけれど

もうずっと前のことで

もうずっと前のことだから

うまく思い出せないの

もっと楽しい話をしようよ


そろそろ外も暗くなって

人々は帰路を急ぐ頃

ポケットの中でつないだ手は

吹き付ける寒風のせいにしていいよ


明日になればどうせ

分かち合った体温も

重ねた手のひらも

溶けてゆくだけ


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可