FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2012.12.13 Thu no title

灼熱の夜といてついた朝の隙間に滑り落ちて行く

胎児さながらに丸まって頭を抱えたこの身体は

触れる人もいなければ、一人でに朽ちていくのみ

たった一つの同じ不安を抱えて


置いてけぼりの魂

形ばかり大きなこの器に

子どもの頃恐れていた悪魔や怪物は、けしていなくならない

姿を変えてやってくるだけ

すれ違う人々の中の、誰が

笑顔の下に私を傷つける牙を持っているのか

訪ねても、誰も答えてはくれぬ


おやすみなさいの言葉は、世界を遮断するための呪文

睡眠の分厚い壁の向こうに

寄り添う体温にひとり、名前をつける

ここには私以外誰もいない
スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可