FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2012.12.13 Thu no title

触れているだけで泣きたくなるような体温


例え 重なる温もりや

瞳の中の輝きが嘘だとしても


私が貴方を愛したという事実だけは

誰も奪えない


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可