FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 閉じ込められていたい

2012.12.18 Tue 閉じ込められていたい

口にした願望は

呆気ないほど陳腐で

笑えてくるほど容易いこと


二人を隔てる

この分厚い殻に抱かれて


落ちていく宇宙飛行士の悲鳴を

あの工場地帯の明かりだけが見守っていた


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可