FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > 濁流

2013.01.15 Tue 濁流

迫り来る夜空の

鮮やかな色に押し流されて

この胸は潰れそう

破れてしまいそう


繋いだ手の

感覚すらなくて

優しい言葉で満ち満ちた、この川の濁流を

そっとやりすごすふたり


ちぎれて行く声の

透き通った悲鳴を聞いていた


包み込む掌さえ持たない人の

笑い声に似ていた


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可