FC2ブログ

眠るための夜ではない

Home > 未分類 > no title

2013.01.15 Tue no title

大したこともない掠り傷を抉って

いつまでも一人のベッドで

泣いていた


輝くことよりも

傷つくことで

愛されたいと思っていた


スポンサーサイト



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可